QLOOKアクセス解析

住宅雑記帳

仕事柄、木造住宅について色々調べてます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ユニットバス 浴槽側の基礎の出っ張り
LIXILさんに確認すると、
ユニットバスの浴槽の長手方向の下は、
多少基礎が出っ張っていても大丈夫とのこと。

外壁側に浴槽をつけるプランが多いのは、
こういう理由があるからかもしれません。


これを確認したのは、
既存の浴室をほんの少々広げる必要があったのですが、
できれば既存の基礎は残したままにしたかったから。




| おがっち | 水回り | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リフォームで知らなかったこと
リフォームの業界に入ってはじめて知ったこと
なかなか進歩しているものだ

玄関ドア、勝手口、窓、内部のドアのカバー工法
   壁や土間を壊さなくても取替え可能になっていたとは知らなかった。

内装断熱パネル
   室内側から薄いが高断熱のパネルを貼り、一部屋ずつ断熱改修を行う。
   壁を剥がさなくても可能。

長期優良住宅化リフォーム
   新築同様、補助金や税制優遇の対象になり、実質業者の差別化にもつながる。

耐震改修
   さまざまな工法が提案されている

   いろいろ説明が多い





| おがっち | サッシのリフォーム | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中央構造線の地震
最近、愛媛県に引っ越して、居住地:新居浜〜勤務地:今治、を毎日往復している。

白馬で地震があって、

「あの辺はフォッサマグナがあるんだよなぁ」
とぼんやり考えていたが、
四国にも中央構造線があることを思い出した。



松山、新居浜、は断層の直上、今治はややはずれている。
伊方原発もけっこう気になる近さ。


断層を4分割して、一部が動いたときの震度を予想している。
同時に動かないという保障は、たぶんない。
中・東予の今治以外の人口密集地では震度6強になる可能性が高いようだ。



木造住宅の全壊率テーブル を当てはめると、
昭和56年(1981年)の新耐震基準以前に建てられた木造住宅、
単純に引き算すると築33年以上、では、
震度6強では全壊の危険性がそこそこ高い。

築33年というと、そんなに古いわけではない。

もし万一、このような地震が起きれば、
あちこちで住宅が倒壊している、
というシーンに遭遇することになるかもしれない。





気になった方は、まずは耐震診断を受けてみるのが良いと思う。










| おがっち | 家のハード面について | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
システムバスの外寸
必要設置寸法とはどういう寸法?

いくつかのシステムバスで外寸を比較してみた。
案外差がある。

木造住宅のリフォームの場合、
設置可能、不可能が分かれることがある。

1616                      外 寸 必要設置寸法
パナソニック オフローラ         1632     1670
LIXIL         キレイユ       1646      1670
ハウステック フェリテ         1654     1674
トクラス ビュートリベロ 1654       ー
クリナップ ユアシス         1664     1700
ノーリツ クレッセ         1668       ー
タカラ         ミーナ                 1678       ー
TOTO サザナ                 1680     1700

| おがっち | - | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キッチンの不満点
キッチンの不満点とはどんなものがあるのでしょう?

http://cleanup.jp/sp/master/oma/checksheet.html
せまい   
物が取り出しにくい  片付かない しまいっぱなしの物が多い
汚れが目立つ   掃除しにくい
寒いまたは暑い 調理中の移動距離が長い
体のどこかが疲れる
家族とのコミュニケーションがとれない
音がうるさい
その他(具体的に細かいストレスを書き出してみましょう)

https://zutto-eie.com/graphx/s201206.php より


http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2011/120_newsletter_0803_01.html
◆リフォーム前の3大不満は「古い・汚い・レイアウト」
不満点は、半数以上が挙げた
「古かった」(55.6%)と、
「汚かった」(35.2%)、
「レイアウトに不満があった」(31.1%)の上位3項目が他の不満を大きく上回っています。

http://maruo-house.com/index.php?%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%BA%80%E8%AA%BF%E6%9F%BB
http://www.reform-ayax.com/event/okusama.pdf より

http://www.theporcupine.org/plan1.html より
◇冬の朝が寒い、夏暑くてやる気でない
◇立ったままの作業が疲れる
コルクなどの柔らかい床の検討を行うといいでしょう。足触りも柔らかく滑りにくい材料です。しかし、立つ事ができないというような車椅子の方の場合は、椅子に座って作業ができるようなプランの検討が必要となるでしょう。
◇キッチンに立つと腰が痛くなる
自分の身長などの身体的特徴を考慮して、ショールームなどで確認すると良いでしょう。ちなみにコンロとシンクでは使いやすい高さが変わってきます。炒め物でフライパンをふるときや、大きな寸胴鍋を使うときなどを考慮に入れ少し低目をお薦めします。そのとき、スリッパなどの高さも考えると、いいでしょう。
◇孤独感がある
複数人で、キッチンに立つためのスペースの余裕はありますか。また、料理しながら顔が見えるような対面型やオープン型、他にも壁を見ながらの作業ではなく景色、TVを見る事ができるようなプランを検討しましょう。
◇食材の片付けるのが面倒
キッチンのスペースは狭くないですか。冷蔵庫の扉を開けることができるスペースはありますか。大型の冷蔵庫が合っても、冷蔵庫の扉を開けることができないなどの問題はたまに聞きますが、そのほとんどがリフォームの後となるそうです。
◇料理を始めるのが面倒でやる気が出ない
重い調理機器が取り出しやすく収納しやすくできているか。料理しながら「調味料」がすぐ取り出せる位置に収納できるか、材料や調理途中のものレシピなどをおく作業スペースを確保できる可などの検討が必要でしょう。他にも、料理にあった食器が選びやすく取り出しやすい。食器を並べて盛り付ける「配膳台」に余裕があるなどのことも考慮するといいでしょう。配膳するのも簡単にできる(運びやすい)などもポイントです。
◇後片付けが面倒
調理機器類の収納スペース、キッチンとテーブルの間にカウンターを設置するかの検討や、生ゴミはまとめやすく処理しやすい、ゴミ箱のスペースなどを考慮しましょう。また、場合によっては食器洗い機の購入も検討しましょう。
◇キッチンの掃除が大変
掃除しやすいコンロやカウンター、床暖房の床材にもふき取りやすい素材、もしくは汚れの目立ちにくい素材の選択をしましょう。換気扇なども掃除しやすい換気扇を選びましょう。
 
http://okos-kitchen.main.jp/houhou.html より
暗くて狭い
冬寒く、夏暑い
孤独感があって寂しい
カビがひどい
ごみ箱の置き場に困っている
調理台が狭くて、洗ったお皿を置く場所がない
洗い物をしていると腰が痛くなる
長い時間立っていると疲れる
コンセントが足りない
換気扇の能力が弱い
コンロの数が少なくて料理がしにくい
デザインが好きじゃない
収納が使いづらくて出し入れが面倒
収納スペースが足りない
毎日のお手入れが大変
換気扇の掃除がしにくい
暗くて狭い
サイドライト明るいキッチンは誰もが憧れるもの。ぜひ窓をつけて自然の光が入るようにしましょう。キッチンに設置可能な窓の種類は、壁付けの窓(サイドライト)や壁上部の窓(ハイサイドライト)、天窓(トップライト)などがあります。 
ハイサイドライトまた、窓の形は横長よりも縦長の方が室内が明るくなります。ただし、直射日光や南側の強い日差しはキッチンを高温にさせます。高温は食品を扱うキッチンには大敵! 
南側キッチンの場合は間接的な光が入るよう摺りガラスや小さめの窓、ペアガラスの窓などが適しています。換気のためにも窓を2か所設置できるのが理想的です。
冬寒く、夏暑い
もし独立したキッチンが希望でしたら冬は床暖房やシステムキッチンのビルトイン設備で足元ヒータもあります。夏は食品の安全面のためにもエアコンで室温の上昇を抑えましょう。 
ですが、リフォームのタイミングで孤立したキッチンをオープンにしませんか?ダイニングやリビングと一体になれば解消するはずです。
孤独感があって寂しい
対面型キッチンリビングとの一体感があるオープンキッチンや、キッチン前の大きな窓洗い物をしながら家族の様子がうかがえる対面型キッチンがおすすめです。 
間取りの問題でそれが難しい時は、キッチンの前に大きめの窓をつけて、外の景色を楽しめるようなプランづくりもキッチンが明るくなりステキですね。
カビがひどい
カビは換気が足りないのが原因です。 
コンロを使う時は、必ず換気扇を回していますか?換気扇を回すと、ガスコンロであれば上昇気流と共に蒸気と同時に油も吸い上げるので、コンロ周りの壁、床の汚れも軽減されます。 
IHコンロの場合は上昇気流が発生しないので、換気扇が連動するタイプが多くなっています。キッチンは食品を扱う場所。衛生面でもカビの発生は極力おさえたいですね。 
可能であれば窓をつけませんか?光も入り衛生的な上に、空気の流れが生まれるので換気扇の効果もUPしますよ。
ごみ箱の置き場に困っている
ビルトインダストボックスキッチンのごみ箱。これは大きな課題ではないでしょうか?どんなにおしゃれなキッチンにしてもゴミ箱ひとつで台無しになると言っても過言ではありません。 
衛生面でも、キッチンでは生ゴミや食品が付着しているゴミが多いので臭いや汚れが気になります。だからといってキッチンではごみ箱の使用頻度は高いので、隠してしまうと不便。 
作業効率と利便性を考えてシンクから『2歩』以内にほしいところです。そこで最近ではごみ箱をキッチンユニットの一部として造っているキッチンメーカーもあります。左のイメージのように、調理中は引き出しておいて、終わったら元にしまうタイプやシンク下に設置されたタイプがあります。 
反対に、存在感のあるダストボックスをインテリアのアクセントにするのも良いと思います。最近はスタイリッシュなダストボックスが色々あるので、お気に入りを見つけるのも楽しみですね。
調理台が狭くて、洗ったお皿を置く場所がない
出窓でスペース確保ワークトップを広く計画しましょう。作業スペースの他に配膳スペースがあると余裕ができます。 
これ以上スペースの確保が困難な時は、後片付けの負担軽減にもなり、利用価値の高いビルトイン食器洗い乾燥機の導入をおすすめします。食器洗い乾燥機があれば、場所をとる食器カゴが必要なくなります。 
よく見かけるキッチン前の出窓も足りないスペースを確保する方法です。
洗い物をしていると腰が痛くなる
腰痛は、キッチンのワークトップ(天板)の高さが低いのが原因。一般的に理想の高さは「身長÷2+5cm」とされています。この数字は、あくまでも目安です。
作業台がおへそのあたりにあれば、腰痛の原因である長時間腰を曲げた作業がなくなり、腰痛は解消します。
同じ身長でも体型や利き手、腕の長さなどでも心地よさが変わってきますので、自分の身長を基準とした高さに自分が使いやすいように微調整して高さを決めましょう。ショールームに行くと、様々な高さのキッチンを体験できます。
長い時間立っていると疲れる
キッチン床材をコルクやクッション性のある床材などのやわらかいものにすると疲れが軽減されます。また、キッチンにもたれながら作業ができるとラクになります。そのために、ワークトップに奥行き(60〜75cm)のあるタイプですと、エプロンのお腹部分が濡れたり、作業がしにくく感じることはありません。 
それでも心配な人は、椅子に座って作業できるようなシステムキッチンを検討しましょう。サンウェーブなどキッチンメーカーによってユニバーサルデザインキッチンが開発されています。
コンセントが足りない
電化製品の開発がめざましい現代に、コンセントが足りないために便利なキッチン家電が使えないと困ります。料理の幅をひろげ、家事の時間短縮の目的としても、便利なキッチン家電は取り入れたいものです。 
キッチンをリフォームする時は、あらかじめ家電や家具の配置、どの場所でどのキッチン家電を使うだろう、とシミュレーションしてコンセントの計画を進めると失敗はありません。 
また最近ではワークトップにコンセントが組み込まれているタイプのシステムキッチンもあります。ワークトップにコンセントがあれば重宝すること間違いなし。リフォーム後にコンセント設置の工事をするとなると配線などかなり手間と費用がかかりますので、リフォームの時に取り入れるのがベストです。
換気扇の能力が弱い
換気のメカニズムは空気の流れができて成り立ちます。同時給排気型レンジフード 
換気能力が低いのは、キッチンや家の機密性が高いと起こりやすい現象です。換気扇をつけながら少し窓を開けてみてください。それで換気能力が戻れば、給気が足りなかったということになります。 
対処としてはもう一つ小さめの換気扇をつける方法があります。一番スタイリッシュな解決方法は、自動給排気機能付きのレンジフードを選ぶことです。
コンロの数が少なくて料理がしにくい
今は2口タイプと同じ幅で3口付いているタイプや、横に3口並んだタイプ、4口タイプと大変様々なコンロがあります。ただ、2口タイプと同じ幅のものでは、奥のコンロは小さな鍋用になります。 
幅も従来サイズの60cmと現在主流となりつつあるワイドサイズの75cmがあります。天板の幅が広いだけで埋め込む本体のサイズは一緒ですから、コンロのみを交換する場合でも特にキッチンの加工をせず設置することができます。 
今お使いのコンロに数が足りないと不満をお持ちということは、料理好きということですね。ぜひ、快適にお使いになれる75cmタイプをオススメします。 
ガスコンロの場合は、左右で火力が違う場合がほとんどです。大火力のコンロが左右どちらの方が使いやすいかご自身のキッチンに合わせて選んでください。
デザインが好きじゃない
この悩みもリフォームを決断する立派な要因です。雑誌やパンフレット、気になるデザインを見つけたらスクラップしていきましょう。 
常にキッチンデザインを意識していると、どんどんイメージが高まり、リフォームを開始する時には担当者にバッチリと希望を伝えることができるようになります。 
ただし、キッチンはデザインを優先しすぎることなく使い勝手とのバランスも大切です。ぜひ専門家のアドバイスも受け入れながら、今度こそ満足度の高いキッチンを手に入れてください!
収納が使いづらくて出し入れが面倒
収納は入れるものに適した形状や奥行きが必要です。大は小を兼ねるわけではありません。奥行きが大きいと奥に入れたものは使わなくなってしまいます。また、重ねて収納する形状も使う時に不便です。具体的に食器棚。食器の収納術は食器棚の奥行きを浅くすること。市販の食器棚に多い奥行き45cmタイプは、手前と奥に食器が並んでしまい、すると奥の食器をあまり使わなくなってしまう傾向にあります。なので、食器収納は内寸26cmがちょうど良い奥行きです。 下部収納をカウンターとして考えている場合は下部収納は奥行が大きい方が役割を果たします。重い調理器具や大きな食器、お盆などスペースが必要なものは下の収納へ。あらかじめ、どこに何を置くかシミュレーションをしながら収納を計画していきましょう。
収納スペースが足りない
コーナーパントリーここで、絶対おススメなのが『食品庫』。『パントリー』とも言います。食品庫とはストック物やちょっと仮置きしておける場所。 
別名『なんでも倉庫』。棚や引き出しをたくさん作って、ストック食材だけでなく、大鍋やホットプレートなどの調理家電、油拭きとり用のボロ布、なんでも入れます。
またキッチンにあるパントリーは、主婦にとってパッとだせる一番身近な収納ですから、非常食や避難グッズだって収納しておける『なんでも倉庫』です。床下収納左のイメージのようなスタイリッシュなパントリーでなくてもいいんです。半畳ほどのドア付き収納でも確保できると重宝します。食品庫ですから涼しく風通しのいい場所に造りましょうね。
食品庫のスペースが確保できない時は『床下収納』も大変活躍します。
毎日のお手入れが大変
キッチンパネル・キッチンボード毎日手入れをしていつもキレイなキッチンは、素材や設備の劣化を防ぐので、寿命が長くなります。その毎日の手入れが大変では、とても困ります。
ワークトップ(天板)なら人造大理石が熱や傷にも強くお手入れがラクな部類です。
昔はタイル張りが定番だったキッチンの壁も、今はキッチンパネルという水に強く汚れにくい素材が主流です。当然油汚れも洗剤でササッと落ちてしまいます。 コンロもガラストップコートや五徳が不要なIHクッキングヒーターなら、お手入れも楽チン。汚れの蓄積や変質などによる劣化の心配がありません。 スキマレスシンク
また、シンクとワークトップが一体化し、汚れがたまる段差が無い優れたシンクも各メーカー次々に導入されています。
掃除がしやすいということは、きれいなキッチンを維持しやすいということ。そしてエコにもつながります。お手入れの不満には各メーカーも敏感ですので、新たなアイディアが開発されていないかチェックをお忘れずに!
換気扇の掃除がしにくい
それは、プロペラ型の換気扇ですか?シロッコファンですか?シロッコファンなら高品質な換気扇フィルターを使用するとかなり汚れが軽減されます。 
整流板付きレンジフードですが、キッチン設備の中でここ数年、飛躍的に進化したものが換気扇。取替えをお考えならば、ぜひ整流板付きレンジフードを検討してください。シロッコファンのフード下面に整流板という一枚の金属板がついたタイプが登場しました。これは、煙を吸い込むときに汚れは整流板に付着してくれるので、定期的に板を拭くだけでお手入れ完了という格段に掃除が楽になるスグレモノです。
【キッチンの不満点】
  (複数項目回答可能。 対象:600人)
[ 男性 ]
1位 作業スペースがない・少ない 42.3%
2位 シンクが狭い 31.7%
3位 食器置き場がない・狭い 28.0%
4位 特になし 25.3%
5位 換気が悪い 14.3%
6位 汚い・古い 13%
7位 冷蔵庫置き場が狭い 7.7%
8位 浄水器がない 7.3%
9位 家事動線が悪い 7.0%
10位 水道にシャワー切り替えがいない 6.3%
11位 キッチンの高さがあっていない 6.0%
12位 コンロがガスじゃない 5.7%
[ 女性 ]
1位 作業スペースがない・狭い 62.0%  
2位 食器置き場が狭い・無い 39.0%
3位 シンクが狭い 38.0%
4位 浄水器がない 18.3%
5位 換気が悪い 18.0%
6位 特になし 13.7%              
7位 家事動線が悪い 13.3%
8位 冷蔵庫置き場が狭い  12.3%               
9位 カウンターキッチンじゃない 11.7%
10位 水道にシャワー切り替えがない 11.0% 
11位 汚い・古い 10.0%
12位 コンロがガスじゃない 7.0%
        
| おがっち | キッチンのリフォーム | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
脱衣室・洗面化粧台の不満点
 脱衣室・洗面化粧台の不満点を調べてみました。

http://allabout.co.jp/gm/gc/403843/2/

収納スペースが欲しい
洗面化粧台の満足度についての質問に対しては、
全体の約4割が「満足していない」と回答しています。

「収納スペースを多くしたい(65.2%)」
「物を整理整頓しやすいデザインにしたい(58.5%)」

「幅を広くしたい」
「デザインをかっこよくしたい」
「洗面ボウルを大きくしたい」などが挙がっていますが、
やはり、ポイントは「収納」ということのようです。

できれば、2台欲しい?
モノにあふれ、取り合いにもなってしまう洗面化粧台ですが、
「もう一台欲しい」と思っている方は全体の17.1%。
娘がいる家庭では少し増えて18.2%が欲しいと回答しています。

その理由は、
71.0%が「朝の混雑を避けたいから」。
「家族の中で使用場所を分けたい(45.5%)」
「収納を増やしたい(43.8%)」という希望も。

また、約一割が「洗面用途以外で使用したい」と回答し、草花への水やりや水仕事など、洗面化粧以外にも使いたいと考えているようです。


http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2012/120_newsletter_1116_02.html

洗面化粧台に関する意識調査
〜小学校高学年および中学生の子供を持つ母親を対象に意識調査を実施〜
2012年11月16日

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、東京に住む小学校高学年および中学生の子供を持つ母親1,032名を対象に、洗面化粧台に関する意識調査を実施いたしました。

調査の結果、洗面化粧台は子供の成長とともに利用時間が増加し、特に中学生の娘の平均利用時間は9.3分と最も長く、母親自身の平均利用時間の10.2分に迫ることが分かりました。また、現在使用している洗面化粧台に対して、約4割の母親が満足しておらず、そのうちおよそ3人に2人が「収納スペースを広くしたい」と考えていることが明らかになりました。家庭内における洗面化粧台の利用状況は家族のライフスタイルの変化によって多様化し、洗面化粧台に対するニーズが増えていくことがうかがえました。

〜 主な調査結果 〜

■子供の洗面化粧台の利用時間は平均6.4分。
中学生の娘の利用時間は平均9.3分で、母親の利用時間の平均10.2分に迫る!

子供の洗面化粧台の利用時間を尋ねたところ、子供の平均利用時間は6.4分であった。特に長かったのは、中学生の娘で、平均利用時間は9.3分だった。また、母親自身が洗面化粧台を使用する時間についても尋ねたところ、平均利用時間は10.2分で、中学生の娘の平均利用時間9.3分が母親の平均利用時間10.2分に迫る結果となった。

■洗面化粧台への不満、「収納スペースを広くしたい」が65.2%!

自宅の洗面化粧台に対する満足度を尋ねたところ、39.2%が「満足していない」と回答した。さらに、不満を持つ人に洗面化粧台をどのように変えたいかを尋ねたところ、最も多い回答が「収納スペースを広くしたい」(65.2%)で、次いで「物を整理整頓しやすいデザインにしたい」(58.5%)という結果となり、「収納」に関する要望が上位を占めていることが明らかとなった。

■中学生の娘のいる家庭の6割強が洗面化粧台の優先権は「子供」にあり!

朝の支度時などに洗面化粧台が混み合う時、家族で洗面化粧台の取り合いになることがあるかを尋ねたところ、40.2%が「ある」と回答した。さらに、取り合いになった際の優先権を誰が持っているかを尋ねたところ、45.3%が「子供」であると回答した。特に中学生の娘のいる家庭では62.6%が「子供」に優先権があるという結果が得られ、小学校高学年の息子のいる家庭(29.0%)と比較すると、2倍以上という結果が得られた。

■洗面台がもう一台欲しい理由は「朝の混雑を避けたいから」!

洗面化粧台がもう一台欲しいかを尋ねたところ、全体の17.1%が「欲しい」と回答した。さらに、「もう一台欲しい」と回答した人に理由を尋ねたところ、71.0%が「朝の混雑を避けたいから」と回答した。次いで、「家族の中で使用場所を分けたい」が45.5%、「収納を増やしたい」が43.8%という結果となった。また、約一割の人が「洗面用と以外で使用したい」と回答しており、草花への水やりや水仕事など、洗面化粧以外の使用に対するニーズがあることがうかがえた。

■調査の概要

調査方法:インターネット調査
対象エリア:東京都
調査対象:小学校高学年(4-6年生)から中学生の子供を持つ母親
サンプル数:1,032名(小学校高学年の娘:258サンプル、中学生の娘:258サンプル、
              小学校高学年の息子:258サンプル、中学生の息子:258サンプル)
調査実施期間:2012年10月11日(木)〜10月12日(金)
調査実施機関:株式会社マクロミル

■調査結果サマリー

機ダ面化粧台の利用実態について

-1.子供の洗面化粧台の利用時間は平均6.4分。男女の平均利用時間差は3分。
中学生の娘の利用時間は平均9.3分で、母親の利用時間の平均10.2分に迫る。

朝の支度時に子供が洗面化粧台を利用する時間を尋ねたところ、利用時間は平均6.4分であった。男女の平均利用時間を比較すると、女子の平均利用時間は7.9分、男子の平均利用時間4.9分で、3分の差があった。最も利用時間が短かった小学校高学年の息子は平均利用時間4.0分であったのに対し、最も利用時間が長かった中学生の娘は平均利用時間9.3分だった。また、母親自身が洗面化粧台を使用する時間についても尋ねたところ、平均利用時間は10.2分で、中学生の娘の平均利用時間9.3分が母親の平均利用時間10.2分に迫る結果となった。



-2.洗面化粧台の利用時間が増える時期は「中学1年生」から。

中学生の子供を持つ母親に、子供が洗面化粧台を利用する時間が増えた時期について尋ねたところ、「中学一年生」(36.2%)と回答した人の割合が最も高かった。小学校高学年の娘は「小学4年生」(24.8%)を機に洗面化粧台の利用時間が増えたという結果が得られた。



供ダ面化粧台の満足度について

-1.全体の約4割が洗面化粧台に不満を持っている。中学生の娘がいる家庭で不満が大きい傾向。

自宅の洗面化粧台の満足度について尋ねたところ、全体の約4割が「満足していない」と回答した。中学生娘を持つ家庭の不満が最も多く、41.5%が「満足していない」と回答した。



-2.洗面化粧台をどのように変えたいか、「収納スペースを広くしたい」「物を整理整頓しやすいデザインにしたい」が上位。

自宅の洗面化粧台に「満足していない」と回答した人に、どのように変えたいかを尋ねたところ、「収納スペースを多くしたい」が65.2%と最も多く、次いで高かったのが、「物を整理整頓しやすいデザインにしたい」(58.5%)という結果となり、収納を改善したいという要望が多いことが分かった。



掘ジられたくない場所と掃除の頻度について


【「洗面所」を見られたくない理由】
-1.来客に見られたくない場所は「キッチン」「寝室」「浴室」「洗面所」。

急な来客の際、見られたくない場所を尋ねたところ、「キッチン」が49.2%で最も高く、次いで「寝室」(48.3%)、「浴室」(39.9%)、「洗面所」(28.2%)、「トイレ」(22.5%)という結果となり、「洗面所」は「トイレ」より見られたくない場所であると答えた人が多いという結果が得られた。
また、「洗面所」を見られたくない理由を尋ねたところ、「掃除が行きとどきにくい」(42.6%)、「物が散らかっている」(39.5%)、「洗濯物が置いてある」(9.9%)が上位に挙がった。



-2.小学校高学年の息子を持つ家庭では「洗面所」を28%が毎日掃除を行っている。

来客時に「洗面所を見られたくない」と回答した人に、掃除をする頻度を尋ねたところ、全体の24.7%が「毎日」、88.3%が「週1回以上」掃除を行うと回答した。特に、小学校高学年の息子を持つ家庭が洗面化粧台の掃除の頻度が高く、27.6%が「毎日」掃除を行うと回答した。



検ダ面化粧台の共有状況について

-1.洗面化粧台のスペースを一番多く取っているのは「母親」。
中学生の娘がいる家庭では、「子供」の割合も高い。

洗面化粧台に置いているものでスペースを一番多く取っているのは誰のものか尋ねたところ、70.1%が「母親」のものと回答した。次いで「父親」(17.8%)、「子供」(9.2%)のもという結果が得られた。
一方、中学生の娘がいる家庭では、「母親」(62.8%)の割合が一番多いという結果は同じであったものの、二番目に「子供」(19.0%)が多いという結果が明らかとなり、全体の結果と比べると、「子供」と「父親」の順位に変動があった。



-2.約4割の家庭で洗面化粧台の取り合いが生じている。
特に娘がいる家庭では息子がいる家庭より取り合いが生じているケースが多い。

洗面化粧台が込み合う時に、家族で洗面化粧台の取り合いになることがあるかを尋ねたところ、全体の40.2%が「ある」と回答した。娘がいる家庭(44.2%)では、息子がいる家庭(36.2%)よりも、取り合いが生じている割合が高かった。



-3.取り合いの際の優先権は「子供」が保有。
中学生の娘がいる家庭では、6割強が「子供」に優先権あり。

洗面化粧台の取り合いになることがあると回答した人に、優先権があるのは誰かを尋ねたところ、「子供」と回答した割合が45.3%で一番多く、次いで「父親」(24.6%)「母親」(24.1%)という結果となった。中学生の娘がいる家庭では、約6割が「子供」に優先権があると回答した。



-4.二台目の洗面化粧台を17.1%が欲しいと回答。

洗面化粧台がもう一台欲しいかを尋ねたところ、全体の17.1%が「欲しい」と回答した。娘がいる家庭では18.2%、息子がいる家庭では15.9%がもう一台洗面化粧台が欲しいと回答しており、娘がいる家庭において、二台目洗面化粧台のニーズがあることが分かった。



-5.洗面台がもう一台欲しい理由は「朝の混雑を避けたいから」。

「洗面台がもう一台欲しい」と回答した人に、理由を尋ねたところ、71.0%が「朝の混雑を避けたいから」と回答。次いで、「家族の中で使用場所を分けたい」が45.5%、「収納を増やしたい」が43.8%という結果となった。また、約一割の人が「洗面用途以外で使用したい」と回答しており、草花への水やりや水仕事など、洗面化粧以外の使用に対するニーズがあることが伺える。



-6.全体の37.2%が子供と一緒に洗面化粧台を使用。
小学校高学年の娘がいる家庭では54.7%が一緒に使用していると回答。

洗面化粧台を使用する際、子供と一緒に使うことがあるか尋ねたところ、全体の37.2%が「よくある」「ときどきある」と回答した。特に、小学校高学年の娘がいる家庭では、半数以上の54.7%が「よくある」「ときどきある」と回答した一方、中学生の息子がいる家庭では、20.9%が「よくある」「ときどきある」と回答した。



-7.子供と一緒に洗面化粧台を使用する目的は「子供の髪のセット」が約7割。

子供と一緒に洗面化粧台を使用することがあると回答した人に、洗面化粧台で一緒に何をするかを尋ねたところ、70.6%が「子供の髪のセット」と回答した。特に小学校高学年の娘を持つ母親は、82.3%が「子供の髪のセット」を一緒に行っていると回答した。息子を持つ母親に多かった回答は、「子供と一緒に歯磨き」であった。



<ご参考:洗面化粧台について>

今回の意識調査により、子供の成長とともに家族の中で洗面化粧台の利用形態が変化していくことがわかりました。特に、「収納」への不満は多く、改善したい点として「収納が欲しい」「物を整理整頓しやすいデザインにしたい」という回答が得られました。家を選ぶ際に、洗面化粧台を重視する方は少ないように見受けられますが、毎日の暮らしを便利に、豊かにすることを考えれば、朝の時間のないときにこそ、余裕を持って準備できる機能を持った洗面化粧台が必要となってくるのかも知れません。




| おがっち | 脱衣室・洗面化粧台のリフォーム | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
浴室の不満点
 浴室の不満点を調べてみました。

http://www.daikin-labo.com/recent.php?r_id=2146



http://allabout.co.jp/gm/gc/27188/

アンケートによると、現状の浴室の不満点のトップは前述の通り
「カビが生えやすい」
「鏡が曇る」
「湿気がこもる」
「浴槽が小さい」
「タイルの目地が汚れやすい」
「天井の掃除がしづらい」
「洗い場が狭い」
「換気扇の掃除が大変」
「浴室が寒い」
「お湯が冷めやすい」などの不満が続いています。



http://plaza.rakuten.co.jp/nicehome/diary/200909020000/

37% ジメジメと湿気が気になる
36% カビが発生して、こすっても取れない
31% 浴室が狭い
22% 掃除が大変
22% 同時にお湯を使うとシャワーの水量が少なくなる
21% 浴室が、ふるえるくらい寒い
19% 換気が悪い
16% 追い炊きができない
15% そもそも浴室が古い
15% 排水口が詰まる
15% 同時にお湯を使うとシャワーの温度が変わる

あとの少数意見としては、、
お湯が出るのに時間がかかるとか、
すべりやすいとか、
段差が危ないとか、
浴室が暗いとか、
介護がしにくい



http://www.toshiken.com/column/2006/10/post-134.html


「暖房がほしいところ」を聞いたところ、
最も暖房がほしい場所は脱衣室、ついでトイレ、浴室
という結果になり、入浴に関わる空間が3割を占めました。

これらの場所は暖房の設置割合が低い場所ですが、
必要ないから設置されていなかったのではなく、
暖房に関しては、あまり目が向けられなかった場所なのかもしれません。

インタビュー調査でも、
家を取得する際には浴室や脱衣室の暖房を検討することは
あまりないようですが、
「家の不満は?」の問いには
「浴室や脱衣室が寒い」「子供が寒がる」といった答えが返ってきました。

寒いと感じるということは、
お風呂で気持ちよく温まることができないだけでなく、
温度差により血圧や心拍数が上がり
身体に負担をかけてしまうので、気をつけなければいけません。

 以前から浴室が寒いという不満はありましたが、
現在も同じような不満を感じる人も多いようです。
寒い日にはあたたかいお風呂に入ってポカポカしたいものです。
浴室や脱衣室の温度環境についても考えてみてはいかがでしょうか。
都市生活研究所 荻原 美由紀


http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0712/27/news027.html















| おがっち | 浴室のリフォーム | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トイレの不満点
 トイレの不満点を調べてみました。
http://allabout.co.jp/gm/gc/42501/
トイレに対する不満、教えてください
1位 トイレが狭い 33.1%
2位 便器の汚れ 20.8%
3位 トイレが寒い 19.4%
4位 掃除が難しい 17.6% 
一番、汚れが気になるトイレの部分は?
1位:便器のリム部(フチの部分)の内側 91.1%
2位:便器の水面の縁 69.7%
3位:便器の底 61.8%
http://www.reform-ayax.com/event/okusama.pdf
http://www.reform-sha.com/howto/toilet/3110.html
ひざが痛いので和式便所を洋式にしたい
とにかく掃除が楽なトイレにしたい
床も掃除が簡単なものにしてほしい
汚れにくい便器を選んでほしい
機能はいろいろいらないけど、ウォシュレットがいい
おじいちゃんのために手すりをつけておきたい
照明が自動でつくようになったらいいな
便器上の手洗いがなんとなくイヤ。小さくても良いから手洗いを別につけたい
ちょっと何かを飾れる棚がほしい
トイレットペーパーやブラシをしまう収納がほしい
| おがっち | トイレのリフォーム | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2階にトイレを設ける場合の工事費
2階にトイレを設ける場合の工事費
参考にさせてもらいます。

 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2927901.html より

1階のトイレの丁度上(2階部分)が納戸で、そこにトイレを設置する場合。

二階のトイレを夜使いますと、以外に排水の音が一階で気になります。
その場合、防音処理をしたり、通気弁を設置したりする必要があります。

つい先日同じ理由で同じような工事をしました。
1)給水設備(手洗いなどの給水関係です)     77,000-
2)排水設備(手洗いの配水管工事など)     100,000-
3)器具工事(便器セット、ウオッシュレット、ペーパーホルダー等)150,000-
4)建具工事(トイレの出入り口ドアの工事・窓付き)80,000-
5)内装工事(床、壁、天井のクロス貼り工事)   45,000-
6)電気工事(照明、配線工事)          45,000-
7)廃材撤去工事・養生費・運搬費など       30,000-
以上の合計工事費・・・527,000円 でした。




宣伝です → にこちゃんリフォーム今治店 よろしく。








| おがっち | トイレのリフォーム | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
玄関からLDK、キッチンと2つの動線がある回遊式のプラン
 4LDK
施工面積 1F20.75坪 2F16.50坪
玄関からLDK、キッチンと2つの動線がある回遊式のプランです。

玄関ポーチを広めにしたので自転車が置けます。
玄関土間収納からキッチンに入ることができます。
玄関ホールに上着用クロゼットを設けました。
脱衣室に室内物干しを設けました。
脱衣室の隣にクロゼットを設けました。
 土間収納→クロゼット→脱衣室 という並びもあります。
和室はリビングと続き間です。
LDKにPC・勉強用のコーナーを設けました。
LDKに吹き抜けを設けました。吹き抜けを一周することができます。
2Fにも洗面化粧台と納戸を設けました。
主寝室にはロフトを設けました。





ワタクシの行っている会社

| おがっち | 参考プラン 回遊式 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
+ CATEGORIES
+ 施工例
寺尾(2)  class=
+ ブログ ピープル
低コスト住宅
家づくりぴーぷる
マイホーム日記
シンプルモダン
ガラスブロック
岡山県


+ ブログパーツ

ジオターゲティング


みんなの自動リンク集

住まいの設計プラス
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • seo
+ 広告
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode